住宅を買うなら今

住宅ローンの金利変動

住宅ローンの金利が上昇モードに

現在は、マイホームの購入には最も良いタイミングと言われています。現在の住宅ローンは、戦後最低水準で変動金利ならば大きく1%を切っているだけで無く、確定申告する事でローン減税を受ける事が出来、税制面でも優遇されています。しかし、金利もじわじわと上昇すると一般的に考えられていますが、世界の経済状況の変化を鑑みると一気に上昇すると考えるのが正しいとされています。実際に、日本政府もここ数年で3.4%まで上昇すると試算している上に、日本を支えて来た国債神話が崩壊し始めているので、住宅を購入するならば急ぐべきです。

会社員はローンが組みやすい

住宅を購入する際は、たいていの人は銀行からお金を借りて住宅ローンを組んで購入します。一般企業の社員であれば、一定の収入があれば問題なく借りることが出来ます。しかし、意外なことに大金を稼いでいるプロアスリートは、この審査で落ちてしまいローンが組めないことがあります。その理由としては、プロアスリートは個人事業者ですので、一定した収入がありません。突然のチームとの契約解除となれば収入がゼロになり、銀行への返済が滞ってしまいます。そのため、プロアスリートのような個人事業主や自営業の人は、サラリーマンより大変だと言えます。

↑PAGE TOP